coincheck APIとslack APIを使ってBTCに暴落・暴騰をslackでお知らせスクリプトを作ったった

チャート見てない時のBTC変動が知りたい!!!

最近、BTCに手を出し始めて色々とウハウハしてるのだが、運転している間や授業を受けている間もBTC価格の変 動が知りたい! と言うことでcoincheckさんが提供しているAPIとslack APIを利用して、BTCが高騰or暴落したらslackにメッセージを投げてくれるようなプログラムを作ってみた!

今回の概要

3分毎にBTCレートを取得して3分前より3000BTC以上の変動があった場合はslackに通知メッセージを投げる

API

coincheck 取引所 API 概要

まぁ、本当は自動取引するスクリプト書けや、って話なんだけどそれはそれで怖いのであくまでも知らせるだけ !今回は上記URLのcoincheckのpublic APIのティッカーを使用しました!

使用した環境

手順

  1. slack APIのtokenを取得
    • slackで確認
  2. python3でスクリプトを書く
  3. 別サーバ上のcronで動かす

slack Web APIを使用するためtokenを取得

Slack APIを使用してメッセージを送信する Slack APIのTokenの取得・ 場所

上記の2つの記事に大変お世話になった!APIビギナーの私を助けてくれてありがとう!

上記の記事に従ってAPI tokenを取得したらコピペで保存しておくこと!


curl -XPOST -d token=取得したtoken -d channel=#random -d text=THIS_IS_TEST -d username=host https://slack.com/api/chat.postMessage

これでslackに通知ができていたら成功

coincheck APIのticker


curl GET https://coincheck.com/api/ticker

このリクエストを実行すると現在のBTCの価値などの情報がjson形式で帰ってくる


{"last":570723.0,"bid":570723.0,"ask":570817.0,"high":579499.0,"low":533102.0,"volume":43952.21153332,"timestamp":1507803511}

こいつをスクリプトの中で実行して、トリミング後にパラメータとして実行する

slackAPIへと投げてくれるスクリプトのソース

github.com/myschool

githubに全てのソースと設定ファイルを置いているので、環境さえ整っていれば動く、はず!


import subprocess
import sys

#変動幅
PRICE = 3000 
FLAG = 0

#それぞれの文字列をfloat化してdiffを計算するメソッド
def calcurate(now_rate,later_rate):
    now = float(now_rate)
    later = float(later_rate)
    result = now - later
    print(result)
    return result

#diffによる条件分岐メソッド
def select(result):
    if result < 0 and result < -PRICE :
        print("大幅下落時の処理")
        #FLAG = 0
        return 0
    elif result > 0 and result > PRICE :
        print("大幅高騰時の処理")
        #FLAG = 1
        return 1 
    elif result == 0:
        print("変化なし")
    else:
        print("大幅な変化なし")

#slackにpost_apiを叩くメソッド
def send_slack(FLAG,now_rate,result):
    if FLAG == 1:
        cmd = "curl -XPOST -d token=取得したtoken -d channel=#btc_channel -d text=高騰中:Now_changing_rate_:__now_rate:" + str(now_rate) + "__:value_change:" + str(result) + " -d username=btc_alert https://slack.com/api/chat.postMessage"
        subprocess.call( cmd.split(" ") )
    elif FLAG == 0:
        cmd = "curl -XPOST -d token=取得したtoken -d channel=#btc_channel -d text=暴落中:Now_changing_rate_:__now_rate:" + str(now_rate) + "__:value_change:" + str(result) + " -d username=btc_alert https://slack.com/api/chat.postMessage"
        subprocess.call( cmd.split(" ") )
    else:
        print("Nothing alert")


#curlでcoincheckからパラメータ取得
cmd = "curl GET https://coincheck.com/api/ticker"
now_price = subprocess.check_output( cmd.split(" ") )

#前回スクリプト実行時のパラメータを取得
#開くファイルのパスを指定
for later_rate in open('/home/shambara/api/file.txt', 'r'):
    print(later_rate)

        #現在のパラメータのトリミング
print(now_price)
now_price = str(now_price)
now_price = now_price.split(",")

numresult = now_price[0].split(":")
now_rate = numresult[1]

#diff計算
result = calcurate(now_rate,later_rate)
print("result is " +str(result))

#diffにより処理分岐
FLAG = select(result)

print("FLAG is " + str(FLAG))

#slackにapiを叩く
send_slack(FLAG,now_rate,result)


#現在のパラメータを外部ファイルに保存
#書き込むファイルのパスを指定
now_rate = str(now_rate)
file = open('/home/shambara/api/file.txt','w')
file.write(now_rate)
file.close()